プロフィール

プロフィール
ヘタレな絵を描きつつ文章をつづる
漫画ルポライター。日常の隙間に落ちた
オカシさをゴソゴソと拾うのが趣味。

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

月刊WEB連載

著書

過去の連載記事

雑誌執筆記事



モバイルQRコード

qrcode

【マンガ科講師】初日。え…名簿が全部漢字ですよ?

 
今年4月から、ご近所の専門学校のマンガ学科で非常勤講師をしてるのですが
この仕事がかなりエキサイティングデス!

というのも…初回にはじめてクラスの名簿を受け取ったのですが、
開けてみてビックリ!え、名前の欄がほぼ全部漢字で埋め尽くされている…!?

このクラスなんと「生徒が全員、外国人」だったのデス。
しかも95%は懐かしき中国からの留学生〜!

初日はまずは顔合わせということで、自分の自己紹介を。
「マンガ科担当だけど中国語もしゃべるよー、よろしく〜」(…リアクション薄め)
その後学生さんたちに日本語で自己紹介してもらい、続いてアンケートを。
最後に何か質問がありますか?と聞くと…

眼をキラキラさせて、手を挙げてくれた女子学生。きっと、(「どこで中国語を
勉強したんですか?」とか聞いてくれるのかな?)なんて想像しつつ、

ハイ、どうぞ!

「先生はマンガを描いている人ですから、ヒキコモリですか?」」

は、はぁぁぁぁぁ!???

一瞬なにを問われているのかわからず、動揺しまくったあげくに、

「あ、ワタシはそんな感じですけど…
多くのマンガ家さんやイラストレーターさんはそんなことナイとおもいます…」

すると、再び学生さんが、

「日本のオタクは部屋の中にこもっているとききました」

え…なんか…微妙に認識が違うような…そもそもそれドコ情報ですか〜
焦りまくりつつも何か答えなくちゃと、頭はグルグル〜
 
「えーと…まずマンガを描いている人=オタクとは限らないとおもいます…
それと最近の日本のオタク文化は変化してきてまして、マンガなんかの
二次元から、最近は会えるアイドルといって三次元のですね……」 

あぁ、何を言っているんだろう自分…!?!?(混乱)

「と、とにかく、オタクと呼ばれる人たちにもかなり活動的な人が増えて
きているといいますか、そういう方向の活動のひとも、オタクの範疇に
含まれてきていると言うべきなのか……

つ、つまり、ワタシはヒキコモリに

近い生活ですが、オタクの方々ほど

の知識も行動力もありません!」


もう何がなんだかーーー!!!!!?

それでも女子学生ちゃんは、元気に「わかりました!」と
返事をすると、満足したように笑みを返してくれました。

こ、これでよかったのか……!?!?

思いもかけない質問に、いきなり意表を突かれた初回だったのでした…
さて〜、次の授業はどうなることやら!?


続きを読む >>

| 1/1PAGES |