プロフィール

プロフィール
ヘタレな絵を描きつつ文章をつづる
漫画ルポライター。日常の隙間に落ちた
オカシさをゴソゴソと拾うのが趣味。

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

月刊WEB連載

著書

過去の連載記事

雑誌執筆記事



モバイルQRコード

qrcode

【旅】韓国ソウル・案内人Jumyungの「超★日本語」

さて、前回に続きJumyungの話(2)【十年後】です。


空港で会った途端に、
「りょーこー、おそい〜〜〜。飛行機は、早くつきましたよぅ〜。なんで〜〜?」

「あー、ゴメン。なんか荷物がどこだかわかんなくってさー……」

・・・って、え!? ぜんぶ日本語じゃん。
またうまくなってる。

十年前からまったく会っていないとはいっても、その間、けっこう電話や
チャットで話をしていたので、 Jumyung(ジュミョン)のもっている
日本語の単語量がどんどん増えているのは感じていた。

それにしても!

ワタシが着ているオーバーオールのおなかがゴムなのを見咎め、
「ゴムはダメですよぅ〜」

「いや、うん、近いうちにまたダイエット始めるよ、、、」と適当に返事したら、

「りょーちゃん、人生は短いですから〜。
わたしたちは、もう、人生の半分ですよぅ〜!」


“人生の半分っ!”


妙に説得力があるじゃありませんか……

その後も「散発的」に「異様に流暢」
もしくは「真理を突いた」日本語が飛び出すので、おどろかされる。

占いの後、お茶をしながらジュミョンの友人も一緒に4人で
「結婚」についてガールズトークしていたら、

「結婚してもしなくても!
 
どちらでも、人間は死ぬまでは
 
生きていなくてはいけないんだから」


す、すげぇ…すげぇよ。ジュミョン。
そ の通りだよ、、、

そ うかとおもえば、「っていうかぁ〜」と話し始めたり、語尾に「…とか、ね」と
つけてみたり、ものすごーく自然な口語的日本語がつるつるでてくる。

ど う説明したらいいのか、ワタシにはうまく表現できないんだけども、
このじゅみょん的日本語、すんごく個性的。しかも、うつるのだ。

ちょっ とカタコトなんだけど、言う事はストレートというその話し方に
ワタシはすっかり染まっちゃって、滞在期間中ジュミョンと話すときは、
いつ の間にか同じようにカタコトの日本語になってしゃべっていた。

(まるで、関東人が大阪にいってみたら、大阪弁キョーレツでなんとなく
雰 囲気に染まっちゃって、慣れない変な関西弁しゃべるみたいな)

どうやらワタシはジュミョンの「真理を語るカタコト日本語」の
強烈 な個性に染められたらしい。(なんかしゃべっててキモチイイのだ)

帰国後も、チャットしていたら、
何の話の流れだったか忘れたけ ど……突然、


「わたしたち、もう若くはないですよね」

画面に現れたその文 字に、一瞬止まって、その後思わず吹き出した

い やー、ほんと。もう涙がでる。
笑い涙。

愛すべきジュミョン。
そんなジュミョンは日本のTVドラマを見まくって、
こ の日本語を身につけたのだという。

……ということは、、、今韓流時代劇を見まくってるワタシは、
数年後、いや、近い将来?「恐悦 至極に存じ奉りまするぅ〜」みたいな、
奇妙な韓国語ばかりをつるつるしゃべる日本人になるんだろうか!?

あいやー、どうなること やら(笑)。
次に会う時がお互いまた楽しみなのだ。

JUGEMテーマ:韓国


コメント
★Jumyung
ワタシの名前も考えてほしいですよぅ。
高木良子だから「高良姫」?(笑)
まあ、、、べつに本名でもいいけど
ただすごく恥ずかしいて、、、
まあいまさら無駄だようね
気にしないでよう
茶林香店長サマ〜
久しぶり お店はどう?
私もお店に行きたいですよ
  • Jumyung
  • 2010/05/22 9:15 PM
★Jumyungちゃん
本名ダメ〜?じゃ、新しい名前考えましょう…ってもう遅いか!ごめんよ。
本のときは、よく相談しましょう。

10月にまた会えるのすごく楽しみ。嬉しいです。
それまでに韓国語、少しはできるように準備します!

今回のソウル旅でJumyungと一緒に回りたいところがいくつかあります。
場所についてはアドバイスもほしいです。
それはあとでメールするね。
あとでメッセしましょう。
★茶林香店長サマ
いや〜、深いよ〜じゅーみんの言葉は!!
あ、じゅーみん、朱じゃなくて「珠」が正解でした。
ワタシまで間違えてゴメン…m(..)m
りょうこ!
なぜ私の名前は本名ですか?
私すごく恥ずかしいんだも
10月私があなたの為に用意する事は無いですか?
もしなにかあったら教えてね
じあ、9月に会いましょう
  • Jumyung
  • 2010/05/21 10:19 PM
わー、朱銘、日本語さらに磨きがかかってるんだねぇ!すごーい!!
それにしても。
『結婚してもしなくても・・・』の一節はかなり深いですね。なんか、私の心にもずっしり来ました(笑)
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック