プロフィール

プロフィール
ヘタレな絵を描きつつ文章をつづる
漫画ルポライター。日常の隙間に落ちた
オカシさをゴソゴソと拾うのが趣味。

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

月刊WEB連載

著書

過去の連載記事

雑誌執筆記事



モバイルQRコード

qrcode

プリンのヒョコ足【3】・1回目レントゲン結果

プリンのヒョコ足続報です・・・。

その後、サプリを食べてもらいつつ様子をみてたものの

(サプリは主にも〜り〜に食されてしまった!)


ヒョコ足はよくなったように見えて、

また気にしだすの繰り返しをしていました。


それで、今度はきちんとレントゲンを撮ってもらいに別の病院へ。

S165

一人旅は不安なんだね。

車中では、終始文句タレまくり・・・のぷりんでした。

ずーっと「ムカツクー!ムカツクー!」と騒いでました。


 

ヒョコ足の経緯を説明し、ひととおり触診を終えた後、

先生からは

「歩きだしは少し違和感あるけど、ぴょんぴょん

ジャンプもしているし、薬で様子をみますか?」

と、前回の病院とおなじ提案もされました。


でも、それだと、もやもやは晴れない・・・。

今どういう状態なのか、次に何をしていいのか、

何にきをつけていいのかよくわからないのは、

もう・・・余計な想像ばかりがふくらんで、いやでした。


スコティッシュ・フォールドは骨に異常がでやすい品種だと、
この子たちと暮らし始める前からネットなどで見て
意識はしていました。ワタシのもやもやは、、、そのよく
書かれていた「骨瘤」(骨軟骨異形成症?)なのでは・・・


[以下、スコの骨瘤について書かれた文章の引用です]

スコティッシュフォールドの骨瘤(骨軟骨異型性)、かつては両親とも耳折れ同士の繁殖で発生すると言われてました。  しかし、最近は耳折れでない親からの症例も報告されている。軟骨の形成が異常となり、すり減ったりして、関節が狭くなり痛みが出たり、手足の末端の部分の骨が変な形になって、  腫れたりする症状が見られますが、現時点ではその原因は不明な点が多く、残念ながら決定的な治療法も確立されていない。

という心配でした。

それで、今回はもう様子見でなく、できるなら原因を

知りたいと伝え、レントゲンをお願いしました。


でてきたレントゲン写真は・・・

S142

[プリンの左前肢レントゲン写真]

骨の左真ん中あたりが膨れているのが見えます。


先生がその部分を指し、

「この部分の骨に増生(ぞうせい)が見られます。

ただ外から触った感じでは腫れているという感じはないので、

大きさのわりには症状は出ていない方です」と。


「増生」の意味がわからなかったので、先生に聞くと、

このレントゲンから見る限りは、腫瘍などの可能性よりは

やはり、ワタシのもやもや「骨瘤」の疑いが限りなく強い、

というような説明をされました。(もっと柔らかい言い方で)


やっぱり、そうだったのか・・・。

一瞬・・・(ひどくなったら断脚って聞いたこともある・・・)と

悪い想像が頭の中をめぐり・・・実際先生にも

「最悪の場合はどうなるんですか?」と聞いたら、

そういう場合もあるとの答え。


もっとこの病気のことを聞かなければならないと思いながらも

気持ちがついていかず、その場ではそれ以上聞くことができずに、

「・・・そうなんですか」とだけ答えるのが精一杯で。


すると先生から、

「いや、この子がそうなるというわけではなくて、この骨の増生も

この大きさで止まる可能性もあります。これ以上進まなければ、

それはそれで症状とうまく付き合っていくことはできますから」

と、説明され、少しだけ気を取り直しました。


そして、まずは消炎剤と免疫サプリで症状を見つつ

定期的にレントゲンで変化を追いましょうということに。


薬を出してもらうまでの間、頭の中はぐるぐるだったけれど、

なんとか目の前の事実だけをみるようにしよう、と考えを整理し、

(実際は、そんなにすぐに切り替えられたわけでなく、いまでも

最悪のことが頭をよぎるとウジウジはしているんですが・・・(ノ_-。)


今できることをしていくよりほかない。

ひとまず今の事態を把握できたことは一歩前進だ。

そう思おうと、努めました。

なにより、プリンは今元気なのだし!



--------------------------------------------

ここまで書いて、ずいぶん感情的に書いちゃったなー

と、少し反省しています。。。(゚ω゚||li)


できるだけ、必要以上に悲観的になることなく、

プリンの変化に目を光らせたいと思います。。。

ご心配かける内容ですみません・・・。

ぷりん!ねーちゃんがんばるでねっ。





コメント
★ゆうサン コメントありがとうございます! お返事がずいぶん遅れてしまって恐縮ですm(..)m 貴重なご経験をお知らせくださって、 ありがとうございます。とても心強く思いました! パグちゃんも、フレブルちゃんも短頭種ですね。 プリンもそうなので…なんとなく親近感も感じます^^ コメントありがとうございました! また、よかったらぜひ遊びに来てくださいませm(..)m
★かずみさん ありがとうございます。 本当に、このままとまってくれること、 それを祈っています。でも、何があっても、 プリンはプリン。大事なワタシの仔! よーし、かーちゃんは腹をくくったぞ〜! どんとこいだ!の気分ですヽ( )`ε´( )ノ
★WISHさん ありがとう…! そうだよね、プリンに逆に励まされて いるような気がしてきたよ! 「なに落ち込んでるの、かーちゃん。 プリンはこんなに元気だよ?」って。 ワタシが下向いてちゃダメだね!
★あやりんさん ありがとうございます。 そう、ロン兄のライオンガオーっぷりは プリンも受け継いでいるような気がします(笑)。 ロン兄ほど接待猫さんではないですが^^; もともとプリンが末っ子なので、甘甘に育てちゃってると思うのですが、 さらに最近プリンが甘えたになってきたので、 も〜り〜とお話しする時間が減ってます。 も〜り〜ごめんよ……週末たくさんお話しようね♪
★豆パパさん こちらこそ、ご挨拶がおそくなりましてm(..)m ほんと、「今できることを」ですよね! プリンがしんどくなく、ごきげんなら、それが一番です♪ 豆パパさんのところにも、遊びにいきますね〜^^
初めまして。ネコパンチで会社のPCから良く見ていました[E:sweat02] 今回初めてコメントしたのは、我家ではパグ×2 フレブル×1 子猫×2の動物園です。 丁度1年前にパグのボンの後右モモの腫れに気付き、本人は気にする様子も無く元気だったのであまり気にしてませんでした。しかし、耳掃除に病院へ行ったついでに聞いてみました。何でも無いだろうと思ってた私の思いとは逆に先生から想像もしてなかった返事が返ってきました。「脂肪細胞腫」の可能性。検査の結果やはり、脂肪細胞腫 きわめて悪性。と診断されました。頭真っ白になり泣きました。しかし、リンパは正常で他への転移も無く、元気なためステップを踏んで治療していくことを薦められました。第一ステップはステロイド剤治療でした。結果、奇跡的に一ヵ月で治りました。先生も驚いてました。その時、すぐに手術を薦め無かった先生に感謝です。ただ、再発はするそうで、先日また再発しました。また薬治療です。 なので、きっと奇跡起きますよ。異変に早く気付き原因を突き止めた愛情があれば必ず良い方向に動くと思います。私はそれ以来「ホリスティックケア」の勉強をし週末は手作りご飯を食べさせてます。 ネットの情報も便
  • ゆう
  • 2009/08/31 7:15 PM
ぷりんちゃんの症状がこれ以上進まないことを、祈ります。
  • かずみ
  • 2009/08/27 11:35 PM
プリンちゃんは、毎日頑張って、リョーコさんを応援して、元気なんだから!! 不安はあるけど、悪い方ばかり、考えちゃダメだよ〜!!
  • WISH
  • 2009/08/26 12:20 PM
悪くならないで今のままでいられるのが一番ですよね。でもぷりんちゃんとはりこっちさんなら頑張っていけますよ。 ロンの妹ですもん。
  • あやりん
  • 2009/08/26 5:59 AM
ご挨拶遅くなりましたが 猫パンチTVで連載することになった 豆ぱぱです。 今後ともヨロシクお願いします。 確かに 「今できることをしていくよりほかない。」 と僕も思います。 プリンちゃん頑張って! 早く良くなるといいね。 また遊びに来ますね。 ではでは
  • 豆ぱぱ
  • 2009/08/26 1:02 AM
★ジュリパパしゃん コメント、励まし、ありがとうございます!(´;ω;`)ウウ・・・ >大事に至らなかった例も多々ある事忘れちゃいけません 本当にそうですよね。 どうしても思考が悪いほう、悪いほうに 一度はいってしまってたんですが、 今は一巡して、だいぶ落ち着きました! ぷりん〜!どんなにお薬嫌がっても、 ネーチャンが良くしたるからなぁ〜 ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーッス
★meenya姉ちゃん コメント、ありがとう〜(TロT) 初めは本当にバクバクでぐるぐるで、 どうなっちゃうんだ、どうすればいいんだ!? と混乱したけど、腹くくりましたよっ。 (くくるにはかなり長い紐が必要な腹ですけど・笑) これからも、どうか見守ってやってくださいませ。
★ちゃあみぃさん ありがとうございますっ。 そうですよね!ワタシがどーんと構えてなきゃね。 悪くなんてさせないからね、ぷりん! ネーチャン、にまかしとけ〜!!
★黒豆ママ そうやよね!一歩前進なんだぞーーー。 消炎剤は強制的にゴックンしてもらってます。 「ぷりんの手が楽になるんだよ〜」 と話しかけるけど、 本猫は、相当な抗議です(--;ショウガナイネ
確かにスコティッシュには多い症状ゆえ最悪のケースを自分にも当てはめて凹んでしまいがちですが、大事に至らなかった例も多々ある事を忘れちゃいけませんヨ。その多くが早期発見ですから今回のはりこっちさんのフットワークの良さは、まさにソレです。最悪事態の回避に向けて大きく前進したのだと考えて良し!
病気がわかった直後が一番凹むと思います。 プリンちゃんに合った、いい方法が見つかるといいですね。 頑張れ〜〜!!
  • meenya姉
  • 2009/08/20 3:42 PM
飼い主が心配していたらダメですよ。 きっとプリンちゃんなら大丈夫です。 みんなで応援するから頑張ってね!プリンちゃん☆
  • ちゃあみぃ
  • 2009/08/20 3:05 PM
原因がわかってんから一歩前進!! 消炎剤と免疫サプリが効いてくれるといいね。 ガンバレ、プリン!
  • 黒豆ママ
  • 2009/08/20 1:12 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック