プロフィール

プロフィール
ヘタレな絵を描きつつ文章をつづる
漫画ルポライター。日常の隙間に落ちた
オカシさをゴソゴソと拾うのが趣味。

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

月刊WEB連載

著書

過去の連載記事

雑誌執筆記事



モバイルQRコード

qrcode

Fフォースター★★★★のうやむや・後篇[とにかく換気を!]



2.試験基準に疑問、試験結果に幅



・複数使用で濃度は・・・?
・家具にも注意

新築・改築・改修時には濃度が基準値以下であることを確認させた上で引渡しを受けることとする。

夏場は化学物質の発散が増えるので、室内が著しく高温高湿となる場合(温度28℃、相対湿度50%超が目安)には窓を閉め切らないようにしましょう。
ベークアウト効果により室内の化学物質の濃度が一気に上昇します。
外出などにより、やむを得ず締め切る場合は必ず機械換気を回すようにしましょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック