プロフィール

プロフィール
ヘタレな絵を描きつつ文章をつづる
漫画ルポライター。日常の隙間に落ちた
オカシさをゴソゴソと拾うのが趣味。

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

月刊WEB連載

著書

過去の連載記事

雑誌執筆記事



モバイルQRコード

qrcode

【イラストエッセイ】破産申立:富士ハウスとの思い出


先月末、静岡本拠地の木造ハウスメーカー「富士ハウス」が破産申立てをしましたね。

実は富士ハウスさん、ワタシたちが一番最初に見たモデルハウスのメーカーでした。

鉄骨住宅しか検討していなかったワタシたちなのですが、住宅展示場にいって、
「とりあえずじゃあ一番手前から入ってみる?」と何も考えず手始めに入ったのが
木造の富士ハウスさんでした。

入ってみたら木造だったので、「あら〜、こりゃ場違いだったわー」と思ったのですが
営業さんがものすごく「熱心」というか…「粘着質」な方だったので、なかなか出ること
ができず、ついには静岡本社の工場見学まで行ってきたのでした(汗;)

(もちろん工場見学に行ったのは、富士ハウスさんで建てないにしても、
工業木造住宅に興味があったからいったので、とてもおもしろかったのですが!)

しかし、その工場見学の帰り、車で送ってくれた営業さんがふと・・・

「自分、営業としてどうスかね?」 
とわれわれに聞いてきたのです(笑)。

これには、ちょっと絶句。
なんか、自信ないんだなぁ〜、というのが伝わってきました。

そのほかにも、
「うちみたいな小さい有名ではない地方のハウスメーカーってどう思いますか?」とか、

工場での説明でも
「ウチでは免震工法もやっていましたが、今はあえてやっていません。
 今は制震をメインにしています」と言われたので、当然のごとく

「どうして、免震はやめたんですか?」と聞いてみると、、、

「さぁ・・・そのへんのことはワタシも・・・」

えええ、だったら触れないほうがいいのに・・・^^;

なんだか的をはずした営業さんで、
こちらも「う〜ん」と思わずレバーを引きたくなったのでした。





車と暮らす


コメント
富士ハウスの破産により工事が止まっています。再開のためには1000万円以上のお金が必要な状況です。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック