プロフィール

プロフィール
ヘタレな絵を描きつつ文章をつづる
漫画ルポライター。日常の隙間に落ちた
オカシさをゴソゴソと拾うのが趣味。

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

月刊WEB連載

著書

過去の連載記事

雑誌執筆記事



モバイルQRコード

qrcode

【韓国編】韓国語をしゃべる人≠韓国人

 
今回のソウル滞在の重要なキーパーソン「Jumyung(ジュミョン)」については
以前に記事にも書いたとおりで、彼女とワタシの共通言語は中国語と日本語だ。

基本的に日本語の9割は「のだめカンタービレ」を繰り返し見て学習した彼女だが
ワタシの滞在日程が進むにつれて、さらに日々その実力は増していった。

そのうち日本語で伝わらないところは中国語で補足する、とような感じになって
「いや〜、じゅみょん、日本語うまくなったねぇ!」なんて言っていたところ……

あるとき、彼女が電話で誰かとしゃべっているのを目撃してしまった。

ウソ…ジョミョンが…

韓国語…しゃべってるよ…


いや、そりゃ確かにそうなんだけど!!!
韓国で生まれた、韓国で育った、韓国に住んでる、韓国人なんだからサ。

でもさーーーーーーーっ、出会ってから10数年。
中国ではほとんど中国語しかしゃべらなかった。
韓国でも一緒に食事したりするひとたちは、中国語か日本語を話すひとたち
だったので、その中でジュミョンが韓国語を話すのを聞くのは一言、二言だった。
通訳してもらう時も、自分が話した内容だからか違和感は感じていなかった。

それが! 

よどみなく流麗に、まったくわかんない内容の話を、ずーっと韓国語で!
ジュミョンがぺらぺらしゃべってる〜〜〜!!!@@;ナニコレーーーー

思わずそのあと、心底感心して話しかけてしまった。

「じゅみょん…韓国語しゃべれたんだねぇ〜、じょうずだねぇ〜!」

「は? アナタわたしのこと何人と思ッテル?」

え、そりゃアナタのアイデンティティは韓国にあるってわかってるよ。
考え方も習慣も、根っこはここにあるって…でも……

「え、えっと…じゅみょん人…」

「ハァーーーーア!?」

そりゃー韓国人だとわかってたけどさ。
でも「韓国語をしゃべる人」だとは理解してなかったんだよ、ワタシの耳が!

「ははぁ、韓国人が韓国人としゃべるときは韓国語でしゃべるんだね…」

「アタリマエジャー!」

いやー、びっくりした。言語とその人自身って別物なんだね。
身近なところに突如韓国を感じた、後半戦だったのでした。。。

それにしても…
いつもありがとう、ワタシに分かる言葉でしゃべってくれて、じゅみょん。

たとえ「畑(はたけ)」の話が突然
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
↑↑↑
「裸(はだか)」の話になっても…!


JUGEMテーマ:韓国

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック