プロフィール

プロフィール
ヘタレな絵を描きつつ文章をつづる
漫画ルポライター。日常の隙間に落ちた
オカシさをゴソゴソと拾うのが趣味。

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

月刊WEB連載

著書

過去の連載記事

雑誌執筆記事



モバイルQRコード

qrcode

【韓国編】徳寿宮でパンソリに熱く萌える!

パンソリ
さて、止まってしまっていましたが、【11/1-12/3:韓国編】再開です〜。

この期間にはソウルで「G20のサミット」があったんですが、
それを記念して、徳寿宮(トクスグン)にて開催された徳寿宮風流という
韓国伝統音楽の演奏会を観にいってきました!実は伝統音楽体験初めて

寒空の下、徳寿宮の屋根はあるけれど壁はない「静観軒」でヒーターを
たきながら鑑賞する方式(でも中で座ってる人は暖かいけど外立ち組は寒い)

ワタシは外立ち組だったのだけど…これがもう…熱かったっ!!!

何が熱いってもう、その催しの中の「パンソリ」という演目が!!

パンソリ自体がユネスコの世界無形遺産に登録されている貴重な口承芸能
らしいのだけれど、なんかもうそんなスゴイものとかいう事前知識さえなしに、
始まった途端一気に惹きつけられ、一瞬たりとも目が離せなくなってしまった。




人間国宝のパンソリ演者(お名前失念…調べます…!)



低く、高く、捻り、まさに魂の民俗歌。その迫力になぜか
ワタシの頭の中には「美空ひばり」さんが浮かんでた。



右手の帽子をかぶって太鼓を叩いているのが「鼓手」。

パンソリはこの唄い手と鼓手の1対1の掛け合いで話が進んでいく。
そのやりとりは時に、見えない呼吸のよう、ときには戦いのよう。

バンドのボーカルとギターがライブ中に競いあう、
そんなやりとりまで、なんだか思い浮かんだ。



なんと最後には、最前列で鑑賞していたオジサンまで踊り出すノリっぷり(笑)!

パンソリはオペラに例えられることもあるそうだけれど…あぁ、こういう
人を舞台に取り込む雰囲気がやっぱり民俗音楽なんだなぁ〜、と
初めて観るのに、パンソリの魅力に触れた気がしたのでした…。

ううーーー。2011年、パンソリに激しくハマリそうっ!!

パンソリの沼へ突き落としてくださいませ(笑)
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

JUGEMテーマ:韓国

【韓国編】ハングル習字の手習いへ!

 
ハングルにも書道ってあるんですね。
まず「あるか、ないか」から尋ねてはじまったこの体験。
やってみたら、めっちゃ楽しかったです…!!

…楽しかったのは字じゃなくて、絵ー描いてるからじゃんって、、、
うん、そのとおりなんだな。実は小さい頃お習字を習っていたときも
いつも半紙を押さえる左手の下にイタズラ書きをしては、師範に叱ら
れてた…(こ、根本的になんの成長もしていないということか…!?)

しかし、さすがにここへ習いに来ていらっしゃるみなさまの字の
すばらしいことといったら!もう、アナタ…!!



なんでこんなに流麗なのかしら!?



ユジンハウスのオーナーも3ヶ月前から練習中



そしてワタシはひたすら「一」と「¬」を書き続ける……

おもしろいとおもったのは、日本の習字では、「書き足し不可」
「一筆中に墨足し不可」だったのだけれど、ハングルお習字では
むしろ書き足しながら「一」を書いていったこと。行きつ戻りつて
感じで筆の運びが(とかゆうほど詳しくないけど)全然違いました。


JUGEMテーマ:韓国
滞在期間中しばらく参加してみます〜
ポチっとどうぞよろしくお願いしますm(..)m
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

今回ハングル習字を習おうとおもったきっかけは…つづきから!


【取材旅】再び韓国・ソウルへ(滞在一ヶ月)

再び韓国取材旅ヘ
さーてさて、やってきちゃいましたよ、韓国ッ!
て、その前にいろいろお知らせなんかもしなくちゃいけないのですが、
もう韓国に来てすでに1週間が過ぎちゃった〜!!!
こりゃ、マズイマズイッ!ということで、まずは記録をば。

えーと今回の旅はですね〜。旅というより長期滞在型かな?
11/1〜12/3の約一ヶ月間をここソウルで過ごすことになっています。
(い、いちおう来年春発売予定の韓国本の取材で…とかいいつつ満喫ちう)

今回のテーマはもちろん韓国のグルメや美容なんかもアリアリなんですが
ワタクシ個人的にはとにかく「伝統」と「生活」コレにヒジョーーーに
興味があります。やっぱり人の中に入ってみると見えてくる風景色が
変わってくるというか…それが1ヶ月滞在の理由です。

「年単位」になると、それをいやってほど感じるんですよね。
いかに自分が日本人か、とか。外国を知るには1ヶ月は実際短いけど
自分的にはいまのところちょうどいいのはこれくらいという結論デス。

というわけで、今回も今年2月にお邪魔した
韓国伝統建築「ユジンハウス」で長逗留させてもらっています。

実はユジニハウス、現在二号楼、開設間際なんです。

現在ワタシはその2号楼にいるわけですが、オーナーは「うるさいでしょー」
「まだ整ってなくてごめんね」なんていいますが、毎日どんな風に内装に
手が入れているのかこの目で見られて、実はとっても幸せです^^ 



こんなプレオープン?の時期にお邪魔して、途中が見られるなんてラッキー!

本当は大工さんにインタビューしたいんですが、言葉がそこまで自由じゃない
のが残念でなりませぬ…T-T 今日はこれから西村という景福宮隣の韓屋が
まだあるという地域を街歩きしてこようとおもいます!

明日は「ハングル習字体験」をお伝えする予定です♪


JUGEMテーマ:韓国
しばらくどんなもんか参加してみます〜
どうぞよろしくお願いしますm(..)m
にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

【旅】韓国ソウル・案内人Jumyungの「超★日本語」

さて、前回に続きJumyungの話(2)【十年後】です。


空港で会った途端に、
「りょーこー、おそい〜〜〜。飛行機は、早くつきましたよぅ〜。なんで〜〜?」

「あー、ゴメン。なんか荷物がどこだかわかんなくってさー……」

・・・って、え!? ぜんぶ日本語じゃん。
またうまくなってる。

十年前からまったく会っていないとはいっても、その間、けっこう電話や
チャットで話をしていたので、 Jumyung(ジュミョン)のもっている
日本語の単語量がどんどん増えているのは感じていた。

それにしても!

ワタシが着ているオーバーオールのおなかがゴムなのを見咎め、
「ゴムはダメですよぅ〜」

「いや、うん、近いうちにまたダイエット始めるよ、、、」と適当に返事したら、

「りょーちゃん、人生は短いですから〜。
わたしたちは、もう、人生の半分ですよぅ〜!」


“人生の半分っ!”


妙に説得力があるじゃありませんか……

その後も「散発的」に「異様に流暢」
もしくは「真理を突いた」日本語が飛び出すので、おどろかされる。

占いの後、お茶をしながらジュミョンの友人も一緒に4人で
「結婚」についてガールズトークしていたら、

【旅】韓国ソウル・案内人Jumyungとの出会い

韓国編、あと3回分書きます。

今回は、現地でずっとつきそってくれた友人の「Jumyung(ジュミョン)」のハナシ。
(実は先日このHPに勇気ある日本語でのコメントを入れてくれた付き合いの長い友人だ)

彼女と知りあって、もう13年になる。出会いは北京のとある大学の寮なか。
ワタシたちはルームメイトして出会った。

ジュミョンは本当に優れた留学生だった。
高校生のときから中国に渡り、ワタシとであったときにはすでに中国滞在歴5年目。
あんなに語彙が豊富で、流暢な中国語を話す韓国人を ワタシは他に知らない。

ワタシの留学生活、前半はほとんどジュミョンとの生活の中から中国語を
教わったようなものだった。(もち ろん、授業もあったけれど…出席率が…)
そんな優等生と生活できて幸せな環境のはずだったのだが、

実は、ひとつ。

ワタシたちには問題があった…


【旅】韓国ソウル・当たると噂の!?占い編-2

さてさて、ちゃんと占いにいってきたときの中身の報告をしなくてはっ!
占いの巻【1】に続きまして、いよいよ、肝心の占いの現場をリポートデスッ。

まず最初に見てもらったのは友人「J」。
鑑定のテーマは「恋愛デス!(ちなみにワタシは仕事運…
しかし…ここ10年会えば一緒に占い行ってるけど、お互いテーマ変わらんな…
(ま、毎年状況は違うわけで…恋愛が続かない女と仕事が続かない女…

で、今回。彼女が占ってもらいたかったのは、

「一度告白したが、相手に恋愛の準備ができていなかった場合、
 ここはもう一度いくべきか、否か?」という超具体的な内容っ!

すると、先生はまず彼女が書いた氏名と生年月日を見て、本を開き話し始めた。

「あなたは、とてもロマンチックな一面があるね〜。
わりと内向的な面もある?でもお金に恵まれるね。ストレスにも強い。
あ、アナタは一人で生きていけるタイプですよ

【旅】韓国ソウル・当たると噂の!?占い編-1



もうソウルにいって何ヶ月経つんだよ〜!って話ですが、
ようやく首も少しましになってきたので、せっかくの
韓国珍道中…!思い出しつつ描きたいとおもいます。

今回の韓国旅行のメイン目的は「美容・占い・伝統体験」でした。
美容はすでにリポートしましたが…今回は占いです。


(↑入り口はこんな感じで2Fでした↑)

尋ねたのは、韓国の宿泊先伝統建築民泊「ユジンハウス」
オーナーキムお姉さんが調べてくれた「有名な!?占い師」さん。
この日は休みのはずだったのに、キム姉さんが無理やり(笑)?
「日本の友人が来てるのよ!」とねじこんでくれましたw。



中に入ると、なんかこんな占いっぽい?宗教っぽい?
掛け軸とロウソクのお出迎え……。



でも、部屋全体は普通のオフィス。
まさに事務機器が並んでいるオフィスでした。


さてさて、ここで、
ワタシは「今年の仕事運」について占ってもらい、
同行の親友は「今後の恋愛・結婚運」を占ってもらいました。

結果やいかに…ひっぱってすみません…これは次の記事にゆずります!
占いの先生のキャラクターと、カタコト通訳をしてくれた韓国友人の日本語の
オモロさがあいまって、ワタシや親友の占いの結果は、、、
どんどん悲惨なモノになっていくのです……

近々にアップしますから、続きはもいましばらくお待ちくださいませ〜!

JUGEMテーマ:韓国
今日の続きは、今回はメインではなかったんですが旅程中の食べ物番外編です〜。 

【旅】韓国ソウル・美容コスメを求めて!

 美とはさもオモシロイものなのか…
え〜、先週末から今週はじめにかけて、韓国・ソウルに行っておりました。
実に9年ぶりデスッ!前回はほとんど「食」の旅だったのですが、
今回の目的は専ら「美容・コスメ・メイク」!!

ええ、今年の抱負はズバリ「美容と健康」でしたからねっ!!

それで、年始から大学時代からの親友に
「なぁ〜、韓国行こうや〜。韓国って言ったら、今熱いのは!韓国コスメや〜ん♪
美容とそれから占いも有名やし〜(ワタシたちは会えば必ず占いにいく…笑)」

そのひとことで、当初は1月に行く予定を立て、ちょうど取材したいことも
ちょっとあり、その頃には原稿も上がってるはずだし、そしたら思いっきり
「気分転換スルニダーー!」と張り切りまくってたんですよ。

…ところが、原稿オワラズ。
「もももももも、申ぉーし訳ございませんっ!」
(ホテルプラトン・高嶋政伸サブマネージャー式 最上級の謝罪orz)

じゃあ、2月にしようってことでチケットを予約。

…2月、原稿オワラズ。
(問答無用で土下座だな…orz)

でももう行くしかないってことで、夜出発で2泊3日、仕事道具のPCもって強行出発!
(編集さんに「遊びですよね?」と聞かれ、「しゅ、取材も一応…」と小さな声で…
(もう…土下座以上はどうすれば…


で、超弾丸でいってきました。ソウル!宿泊したのはコチラ!
韓国伝統家屋『韓屋(ハンオク)』を宿泊施設として昨年オープンしたばかりの
『韓屋ゲストハウス・ユジンハウス』


(この伝統家屋の宿泊施設については昨年の京町家宿泊に絡めて
 キモノブログのほうで後日詳しくレポートいたしますね!)


そして翌日〜!今回のメインイベント「アートメイク」に行ってきました!!
場所は明洞、お店は「リュ・ジョンウォンスキン & アートメイク」。
お願いしたのは、「アー トメイクアップ(眉毛)」「アートメイク(上アイライン左右)」。
入れ墨ではなく半年位しかもたないものですが「妖怪眉無し」からは脱皮できます。

さぁ、始まったぞ、アートメイク。
まずは、日本の雑誌からたくさん切り取った写真がはりつけられたカタログを
入念にめくりながら「あれがイイ、これはダメだ」とかいいながらいいのを探します。
(このとき、ワタシが選んだのは西洋人ばかり…みんな目と眉の間がせまい…)

それで、その希望を元に(あくまで希望)、リュ店長が実際に眉ペンで仮の眉毛を
描いてくれます。それをもうちょっと下げるとか上げるとか、長くとか短く、とか
とにかく希望を伝えます。(あ、日本語通じるお店ですよ、もちろん〜)

ここで重要なのは形もそうなんですが、「左右のバランス」のようです。

で、形が決まったら、いよいよチュイーーンと色を入れていく作業がスタート。
痛いかって?いや、そんなに痛くないです。眉は。
もし多少いたくても痛み止め(たぶん白色ワセリン)を塗って休みながら
のんびりやってくれます。けど、その過程が…………


めっちゃ笑える。



もうコラえ切れんとですよ、こっちは。
だって…隣で寝てる親友が眉毛に塗られた姿ってば、まるで


田吾作ぅ〜っ!



た、たごさくさんよ……
海苔ですか、その目の上についてるのは!?

もうハラがよじれそうになりながら、記念写真ですよ、ひたすら。
(いや、自分も似たような姿なんだけどね)

もう、ふたり合わせて衝撃写真集のできあがりですわ。
(もちろん発表出来ませんよ)

いや〜、「美の追求は痛みを伴うもの」とは、聞いていたが
こんなにも美の過程には笑いが伴なうものだったとはっ!!


ほーーーんとっ!美を求めるって、楽しいですねぇぇぇ〜(うぷぷ…)。

JUGEMテーマ:コスメ

<< | 2/2PAGES |